Archive for June 2006

26 June

MBAセミナー&東京国際ドラマ祭

法政大学で行われた「MBAセミナー」へ行ってきた。内容は日テレと資生堂・TUBAKIのブランディングについて。
ブランディング過程を聞いて、先日のBUZZマーヶティングの話とオーバーラップしてくる。
使用したメディアなどのツールや口コミやBUZZ(ブログ)なとの過程の違いはあるが。どう構築して効果(顧客を巻き込む=好印象を与える)を持たすかが、キーになるようだ。
TUBAKI買ってみよう。


急いで原宿へ移動、東京国際ドラマ祭へ。
以前にも書いたが私はバカがつくぐらい海外ドラマが好き。こんなチャンスは逃せない!!この為に、今日のファッションは上映するOCに合わせた感じに。
準備万端。
来月放映予定のOCとボーンズの2作の第一話が上映された。
OCは、マジおもしろい!!!(こんな表現がピッタリ)
テンポが良かった。アメリカのお金持ちの私生活を覗き見たようなワイドショー的部分(良いか悪いかは別として)。高校生のかわいいヒロインとアウトローなヒーローが中心。大人のドロドロさもチラホラ。典型的なドラマの感じなのだが・・・。
実はこのドラマ、期待を全然していなかった。と言うよりあまりにも番宣が多くてヘキヘキしていたのだ。米国ではビバヒルを超えたとのことだなどと聞いても、見てもいないのにいきなり信じられるはずが無い。
期待は裏切られた。
ボーンズも何も知識が無いまま見たが、法人類学という新しい分野が舞台に取り上げられているのが面白く思う。
はやく続きが見たい。

クチコミニティ・マーケティングについて知りたい方は・・・
 

06:08:00 | sunflower | | TrackBacks

19 June

アイスクリーム指数↑

つかの間の晴れ間を楽しむ為、吉祥寺まで散歩に行った。
緑が濃くなり、ところどころでアジサイが咲き始めている。
日差しが強く汗だくだ。こんな日は冷たいものが欲しくなる。
井の頭公園の入り口にあるドナテロウズに入った。
ここのアイスというかシャーベットは珍しいフレーバーがあって気に入っている。調べたら驚いたとこに年間250種類もつくっているらしい。
薄いピンクのサクラ味(今でもあるのかしら)オレンジがかった赤い色のトマトレモンが好き。
1カップで3種類の味を入れてもらえる。
散々悩んだあげく、クリームチーズ&メロン&トマトレモン
薄いクリーム色とグリーンとレッド。
トマトレモンはかなりすっぱい。思わず顔をしかめた。
メロンは果汁の他に果肉も入ってつぶつぶとした食感がある。
甘めのなめらかなクリームチーズの味。
満足して店を出た。

コットンフィールドというアクセサリーパーツや生地を売っているお店へ。小麦を入れるのに使っていた生地や1930年代の端切れ、アクセサリーパーツなどを買う。さらに食料を買い込み電車に乗った。外はすっかり暗くなっていた。

手作りアクセサリーCAT)
買ったパーツで作ったアクセサリー(ハートはヴィンテージパーツ)
17:56:00 | sunflower | | TrackBacks

15 June

極上リラックス考

ねぇ、どうやってリラックスをする?って聞かれた。
え〜あらためて聞かれて・・・困った。
ダラダラと部屋のベッド中から向かいの緑と高い空を眺めたり。神田川沿いを井の頭公園まで散歩したり。
フレグランスキャンドルを灯し同じ香のバスジェルでバブルバスを楽しんだり…。
香を楽しむ為にまたまた同じ香のロケーションを使う。
本を読みむさぼり、お腹がすいたら美味しいお料理作る。
そしてワインを空ける。

他愛ないものばかり。
取り立てて話すような事ではない。
そんな生活が出来る環境さえあればいいのかなぁと思う。


00:05:00 | sunflower | | TrackBacks

09 June

gooオープンカンファレンス Vol.3 「GOC Buzzマーケティング講座」

夜、大手町でマーケッティング関連のオープンカンファレンスに行ってきた。内容はポータルサイトのgooと新聞社百貨店がタッグを組んだ企画、Buzzマーケティングについてだ。
これから伸びていくであろう分野に興味を持ち参加した。
会場を見渡すと約90%男性。企業でPR関係の仕事に従事している人や他のポータルサイト、広告代理店など関係企業の人の参加が目立つ。

帰り道、ブログがマーケットに与える影響について考えてみた。
ブログやコニュニティを読んで実際に行動する?
私の場合は半分イエス。
企業が主催するブログと一般の人が書くブログとではスタンスが違うので一緒に考えるのは無理があるが、コニュニティで得た情報は求めているもの、有意義なものが多く行動に直結していく。
今回の報告の中でも、トラックバック企画の反応がアクセス数や来場数に影響していた。
神戸のケーキというキーワードでコニュニティが出来たのだろう。読んだ人を中心に反応があったということだ。
ターゲット年齢がこのBuzzマーヶティングにマッチしていたことも理由だろう。
ただし結果は人数だけでは推し測れない。
今後このようなマーケティングは伸びていくだろう、ただし現在の広告の様に、お金をかける、かけないに関わらずユーザーに訴えるポリシーや楽しみ、誠実さがないと飽きられてしまう可能性があるだろう。


19:52:00 | sunflower | | TrackBacks

07 June

赤いクリップ

網戸と窓の掃除を始めた。日差しが強く、心地いい。
こんな日にお休みなんて、なんてラッキー!
前にいつやったか覚えていない・・・網戸はかなりほこりだらけ。気を取り直し水遊び気分でお掃除。昨日無印で買ったクレソンを鉢に植え替える。
昨日は銀座で髪を切りその後、伊東屋でお買い物。堪能した。地下から一番上の売場のフレーム売場、デザートに別館2つ。
地下のラッピングコーナーでCATH KIDSTONの紙袋をみつける。
でも残念!せっかくいい柄なのに発色が悪い。しっかりしたものだが紙袋としてはかなり高い値段。手に取ったが、買うのはあきらめた。ブランドのファンだがブランドのこだわりとはかけはなれている。ロルバーンのノートを買った。見本では気がつかなかったがポケットがついていて感動。伊東屋でのお買物の楽しみは品揃えだけでない。 ラッピングペーパー、ポストカードなどをはじめ紙が大好きな私は紙のコーナーがあるとつい寄り道。別にすぐに使う予定がある訳でもないのだが、素敵な色やテクスチャーの紙をみつけるといつの間にか手にとっている。お会計をするとわずかな枚数、金額なのに折れないように丁寧に台紙にはさんてくれる。その姿勢がうれしい。商品を好きで理解していないとこんなサービスは生まれないだろう。通常のお店で売りにくい商品を取り扱えるのもこのようなサービスの積み重ねがあるからだと思う。創業以来の姿勢をこの先も応援したい。

01:19:00 | sunflower | | TrackBacks