12 January

Cath Kidston Sale

キャス・キッドソンのセールが昨年末よりオンラインで始まっている。今回はブックバックなどの小物の他にラグを注文した。

ピンクの水玉のラグなんて日本では絶対に注文しないと思うが写真ではとてもキュートに見えてクリックしてしまった。
昨日届いた!!思ったより大きい!?開けてみた。厚手でしっかりとした生地、ラグというより絨毯という言葉の方がピッタリとする感じ。ピンクの色も気にならない。ホットカーペットの上に敷くとサイズも丁度いい。
「わ〜い!」
子供のようにごろごろと転がってみる。

ブックバックは開けてみると表面に傷が・・・(TT)
Cath Kidstonへ写メ付きのクレームメールを出した。すぐに返事が来て代わりのものを送るとのこと。
3日程で新しいものが届いた。素早い対応だ。

・・・いい買物をだった。

19:19:00 | sunflower | | TrackBacks

04 January

Royal mail

ビートルズの切手がイギリスで発売された。
注文が世界中から殺到しているという話だ。ニュースになっていた。私もさっそくサイトへアクセスした。デザインを見ると中々ステキなものばかり。見るだけと思っていたが、つい注文をしてしまった。デザインはアビーロードのジャケットデザインなど、4パターン。セット組みされている。
最近イギリスの郵便事情はあんまりよくないとのことだがどうだろう。ちゃんと届くか心配だが、物欲には代えがたい。

このロイヤル・メイルには普通の切手の他にコレクション用のシート切手など販売をしている。クリスマスの切手シートは是非今年のクリスマスには手に入れてみたい。日本の切手もステキな切手があるが、イギリスやフランスの切手とはエスプリが効いていて感覚が違うように思う。今回はビートルズの切手の他にエリザベス女王切手を注文した。
シートを額にいれてインテリアとして使おう。
届くのが楽しみだ。

http://www.royalmail.com/portal/stamps/content1?catId=42300684&mediaId=42300690
19:23:00 | sunflower | | TrackBacks

09 June

gooオープンカンファレンス Vol.3 「GOC Buzzマーケティング講座」

夜、大手町でマーケッティング関連のオープンカンファレンスに行ってきた。内容はポータルサイトのgooと新聞社百貨店がタッグを組んだ企画、Buzzマーケティングについてだ。
これから伸びていくであろう分野に興味を持ち参加した。
会場を見渡すと約90%男性。企業でPR関係の仕事に従事している人や他のポータルサイト、広告代理店など関係企業の人の参加が目立つ。

帰り道、ブログがマーケットに与える影響について考えてみた。
ブログやコニュニティを読んで実際に行動する?
私の場合は半分イエス。
企業が主催するブログと一般の人が書くブログとではスタンスが違うので一緒に考えるのは無理があるが、コニュニティで得た情報は求めているもの、有意義なものが多く行動に直結していく。
今回の報告の中でも、トラックバック企画の反応がアクセス数や来場数に影響していた。
神戸のケーキというキーワードでコニュニティが出来たのだろう。読んだ人を中心に反応があったということだ。
ターゲット年齢がこのBuzzマーヶティングにマッチしていたことも理由だろう。
ただし結果は人数だけでは推し測れない。
今後このようなマーケティングは伸びていくだろう、ただし現在の広告の様に、お金をかける、かけないに関わらずユーザーに訴えるポリシーや楽しみ、誠実さがないと飽きられてしまう可能性があるだろう。


19:52:00 | sunflower | | TrackBacks

24 April

デビットカードの利用はなぜ伸びない?

仕事の帰り道デパ地下へ寄り道した。知っての通りデパ地下は今やデパート全体の売上を左右する重要なポジションになっている。ここでセレクトされた商品や企画、体験が全体のイメージに強く結び付くからだ。目が離せない。元百貨店の社員だった私は今でも街やお店、売場のウォッチングを行っている。シーズンごとに各注目している売場の品揃え、価格、流行などを見てまわる。始めは仕事だったが、面白くてもはやライフワーク。見ていくうちにその売場が目指さしていくものや、お店の状態が判る。

ところでデビットカードを使ったことがあるだろうか?銀行のキャッシュカードで決済できる仕組みのことだが、言葉さえ聞いたことがない人が多いかも。
デパ地下で使ってみた。会計の手順がわからないようで隣の社員らしき人に聞いている。かなり手間り時間がかっかた。
今回は違ったが、スピーディな決済方法なのでこう言ったデパ地下やスーパーマーケットに向いていると思うのだが。(近くには遅くまで下ろせる銀行もあるのだが)仕事帰り夜更けのレジで列に並んでいるとき「忘れてた!」とあせるのは私だけなのか。

日本デビット推進協議会のwebページで利用状況を調べてみた。東京以外では普及しているとは言いがたい。
業種では2006年にはいってからのデータしかなかったが、コンビニでも使えるが利用場所は百貨店がダントツ。が上記のような状況ははたして普及しているといえるのだろうか。またここ3年利用件数はキャンペーンの効果もむなしくあまり伸びていない。
対するEdyのついて調べたがそういったデータについては何も公開していないが、最近航空会社のマイルやポイントなど複数の得点をつけることによって普及し始めている感じがする。
様々な電子マネーや決済システムが氾濫している先駆けのシステムなのに。何故だろう…何故普及しないのか。
新たにカードが増えお財布を膨らますこともないのに。
使い過ぎが心配?クレジットは?ポイントが付かないから?
…マーケッティングの読み違いだろうか。
中心にいたはずの銀行も独自のサービスを開発している。
この先のシステムがどうなるか、見ていたいと思う。

01:43:18 | sunflower | | TrackBacks