27 October

香港までの距離

先週末いとこの結婚式に大阪へ行ってきた。式は夕方から。どんな方法で行くかさんざん迷った挙句、飛行機にした。大阪までの運賃を調べてみると市内までの電車賃を含めても安いのである。マイレージを貯まるので一石二鳥である。Edyタイプのマイレージカードを持っているのだが普段はマイレージを貯める為にスーパーやコンビニでのお買物をしている。200円で1マイル。先日Webサイトで確認をしたのだが・・・香港は遠い。機内誌を読んでいたら機内販売でも貯まるらしい、(スチュワーデス版リカちゃんがかわいい!!迷ったが今回は荷物になるので諦めた)今度是非利用したい。登録しているサイトのポイントもマイルに交換できるのを発見!もう少し貯まったら交換しよう。少しは香港が近づくかしら。

久しぶりの国内線。この前いつ乗ったか思い出せない位乗っていない。webでチケットをとったのが深夜12時近く。ANAマイレージカードがあったので予約後はとっても簡単。電車の中から携帯でチェックイン。席を確保。品川からはわずか15分で羽田へ着く。エスカレーターを上がるとすぐ発券機がある。マイレージカードとクレジットカードを入れるとチケットが出てきて発券完了。僅か数分です。フライトは1時間、「あっ」と言う間である。伊丹空港から大阪(梅田)へも30分もあれば到着する。思ったより時間はかからない。姉は搭乗手続きの為かなり早く行かなければならないのでいやだといっていたのだが、今やそれは過去の事の様に思える。

帰りはスケジュールの都合で新幹線に。乗ったのぞみの通路は以前の型より広くなり快適さが増したように感じた。(私だけ?気のせい?)車両について一つ不満に思ったのは化粧直しをする洗面台を減らした事。あのトイレではする気にはなれないから(洗面所は男性に長々占領され、利用できなかった(uu;)

旅の快適さについて考えてみた。飛行機・新幹線どちらが快適か。飛行機は天候左右されたり(ただ新幹線も同じ部分もある)、今回も前の便の影響で出発が30分位遅れたがフライト時間が短い事を考えれば楽なので+−枚ゼロといったところだ。
価格は間際にも関わらず新幹線より安く、音楽と飲み物サービスが付くこと、機内販売、特に限定グッツの楽しみ、マイルが貯まることを考慮すると今回の旅では飛行機に軍配が上がった。


マイルを上手に貯めるにはこんな方法も・・・検討すべき?
https://www.cpmax.jp/anajcbcard/card.php?id=17
00:15:47 | sunflower | | TrackBacks

04 September

青春18きっぷ

友人から青春18きっぷを2回分譲ってもらったので、先週京都に遊びに行ってきた。 このきっぷ1日どこまでいっても2300円で乗車できるのだ。ただし新幹線や特急などの早いものには乗れない。以前からこのきっぷの話は聞いていたのだが使ってみるのは初めてだ。
 ワクワクしながら東京駅を23時45分に出発するムーンライトながらに乗った。夜行なので当然電気が消えるかと思ったらずっと明るかったのには驚いた。途中何回も長い時間止まりながら、朝大垣に到着。京都に行くため乗り換えをする。山の中を電車が走る。途中関が原を通った。むかしここで戦いがあったんだ・・・難しそうな地形だ。その場面を想像してみる。本能寺でも・・・今はこんな街中だか、当時はと思うと感慨深い。

八坂神社 路地2
お買物 路地  

今回は街中中心に歩いた。前回あまり時間がなくもっと見たいと思った清水寺から八坂神社まで歩いてみる。路地が面白い。知らない世界に迷い込んだように静かで不思議な雰囲気だ。平安神宮隣の近代美術館で富本憲吉の展覧会を見た。彼の作品が大好きだ。東京では今の世田谷の祖師谷辺に住んでいた。近所の好というか・・・新しいデザインモチーフや大量生産への挑戦など作品に対する姿勢が好きなのだ。今年は生誕120年。平日にもかかわらず随分盛況だった。東京の近代工芸館でも彼の回顧展をみたが展示作品が随分違っていた。京都の美術館所蔵もものが中心で以前みたことがなかったさまざまな作品、デザイン帳などをみることが出来た。(彼の生家は奈良にあり、今は美術館になっている。以前行ったが静かでゆっくりと作品が見れるのでお勧めた。)
思いつきで突然行ったお寺巡りだけでない京都の旅、各駅の旅も初めての経験で面白かった。


17:26:00 | sunflower | | TrackBacks

02 July

Paris! Paris!! Paris!!!

ツール・ド・フランスが始まった。今年は開幕前日にドーピング問題の処分が発表があったりしてどうなることかと思った。以前も応援していた選手がドーピング問題で出場停止をうけた。後日ツールに戻ってきたとき非常に傷ついていたとのコメントに心が痛んだ。本当に薬を使っていたら選手の体が傷つくし、もし使っていないのに処分があったならそれもキャリアにも精神的にも傷つくことになる。何とかクリーンに、スポーツの原点に戻って欲しいと願うばかりだ。でも、それらを吹き飛ばすように面白いステージが繰り広げられている。今年も引き込まれ目が離せないステージばかりだ。ツールファンとしては気合を入れてゴールまで応援しなくてはっ!!

夢はツールの現地の追っかけをしながらゴールのパリへ観に行くこと。パリは何度も行っているが、まだまだ行きたい所ややってみたいことが多くて興味が尽きない。
パリのガイドブックは通常のガイドブックの他にステキなものが多い。本としても面白く何度も読み返したり眺めまだ予定もない旅行を考えたりする。
お勧めは下記の2冊。写真がきれいでみているだけで楽しくワクワクする。パリの日常が感じられきっと旅に出たくなるだろう。

  
ツール・ド・フランス・・・世界最大の自転車レース。コースは毎年変わるがゴールは必ずパリのシャンゼリゼ。
平地を競うタイムトライアル、チームで競うチームトライアルがある。マイヨ・ジョーヌ(Maillot Jaune)総合ポイント1位・黄色いジャージ、マイヨ・ヴェール(Maillot Vert)スプリントポイント1位・グリーンジャージ、マイヨ・ア・ポワ・ルージュ(Maillot a pois rouge)山岳ポイント1位・赤玉ジャージを競う。その他に敢闘賞や新人賞などもある。私が好きなのは山岳ジャージ。ピレネーの山々を登ってゴールする姿には感動する。写真は昨年ツールのオフィシャルサイトでお買物したもの。
 tour de france グッツ
20:57:00 | sunflower | | TrackBacks

03 June

京都漫ろ歩き

産寧坂 松榮堂

先週末京都に行ってきた。
人の流れに乗って清水寺から二年坂へ歩く。産寧坂の辺りは古い街並みを活かした甘味処やおみやげ屋が立ち並ぶ。
舞妓さん達がお稽古なのか着物を着て路地を歩いていた。
貸衣装の観光客か。いずれにしても気分は盛り上がる。

お香お店をみつけた。
店内に入るといい香が。
アロマキャンドルも好きだけど、お香もいい。お香は香りが柔らかいように思う。
「華」という名の大輪のバラをイメージしたものを買う。
香が決まったところで次は千代紙で作られたパッケージを。何種類もある中から苦心して選ぶ。

昨晩たいてみた。嫌味の無いやさしい香。
他に風や星、月、萌、静などのテーマ別の香があり面白い。
翌朝もやんわりと香が残り、いい感じ。
すっきりしない天気を一時忘れた。

02:56:00 | sunflower | | TrackBacks