Complete text -- "デビットカードの利用はなぜ伸びない?"

24 April

デビットカードの利用はなぜ伸びない?

仕事の帰り道デパ地下へ寄り道した。知っての通りデパ地下は今やデパート全体の売上を左右する重要なポジションになっている。ここでセレクトされた商品や企画、体験が全体のイメージに強く結び付くからだ。目が離せない。元百貨店の社員だった私は今でも街やお店、売場のウォッチングを行っている。シーズンごとに各注目している売場の品揃え、価格、流行などを見てまわる。始めは仕事だったが、面白くてもはやライフワーク。見ていくうちにその売場が目指さしていくものや、お店の状態が判る。

ところでデビットカードを使ったことがあるだろうか?銀行のキャッシュカードで決済できる仕組みのことだが、言葉さえ聞いたことがない人が多いかも。
デパ地下で使ってみた。会計の手順がわからないようで隣の社員らしき人に聞いている。かなり手間り時間がかっかた。
今回は違ったが、スピーディな決済方法なのでこう言ったデパ地下やスーパーマーケットに向いていると思うのだが。(近くには遅くまで下ろせる銀行もあるのだが)仕事帰り夜更けのレジで列に並んでいるとき「忘れてた!」とあせるのは私だけなのか。

日本デビット推進協議会のwebページで利用状況を調べてみた。東京以外では普及しているとは言いがたい。
業種では2006年にはいってからのデータしかなかったが、コンビニでも使えるが利用場所は百貨店がダントツ。が上記のような状況ははたして普及しているといえるのだろうか。またここ3年利用件数はキャンペーンの効果もむなしくあまり伸びていない。
対するEdyのついて調べたがそういったデータについては何も公開していないが、最近航空会社のマイルやポイントなど複数の得点をつけることによって普及し始めている感じがする。
様々な電子マネーや決済システムが氾濫している先駆けのシステムなのに。何故だろう…何故普及しないのか。
新たにカードが増えお財布を膨らますこともないのに。
使い過ぎが心配?クレジットは?ポイントが付かないから?
…マーケッティングの読み違いだろうか。
中心にいたはずの銀行も独自のサービスを開発している。
この先のシステムがどうなるか、見ていたいと思う。

01:43:18 | sunflower | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック