20 September

ミステリーチャンネル

「2人のモンク」日記(9月12日)で書いた「名探偵モンク」のトニー・シャループのアカデミー受賞は2度ではなく、3度だった。ミステリーチャンネルのCMで気がついた。
ミステリーチャンネルでは私の好きなミス・マープルやポアロなどの作品がみれる。今度「モンク」も放送されるらしい。
第一シーズンからじっくりと見たいが・・・。別契約だしなぁ。今でも見るスケジュールが一杯で(使命ではないけど)悩むところだ。NHKのBSなどで集中放送してくれないかなぁ・・・。今のデスパレートな妻達も改めて観るとはまってしまう。アメリカの専業主婦の実態や地域生活(失踪者がいるとどうするかなど)も描かれていて興味深い。
05:27:37 | sunflower | | TrackBacks

12 September

2人のモンク

今年のエミー賞で「名探偵モンク」のトニー・シャループが主演男優賞を獲得した。確か2度目だったと思う。このドラマは私の中では海外ドラマの中でも最高のランク、とても面白い。ストーリーだけでなく、登場人物やからみがポイントが高い。何度もノミネートや受賞するのも作品のよさもあるのではないかと思う。主役のエイドリアン・モンク役のトニー・シャループはドラマの主人公のように繊細な感じのする人物だ。受賞スピーチもそんな彼の性格が出ていて楽しめた。

 少し前に確かディスカバリーチャンネルでジャズピアニストのセロニアス・モンクの特集をしていた。そんなにジャズに詳しい訳ではないが彼の演奏には魅了された。足で体全体でリズムをとる演奏はメロディーが生きているように聞こえる。天才と称されていた彼だが、随分地道な練習もしていた努力家らしい。
 番組を通して感じたのは、いい演奏をすることだけに、ただただそれだけを求めて望んでいたのではないかと思った。その思いは周りのお金にしか興味のない人達には受け入れられなかったのが残念でならない。
 
 エイドリアン・モンクの演じている役やトニー・シャループも共通のにおいを感じる。ドラマのオープニングもジャズ(彼の演奏ではないが)で始まり連想をさせるのだ。

03:16:30 | sunflower | | TrackBacks

09 April

LOST

あ〜眠い…昨晩はかなり寝るが遅かった。急にあるCDが欲しくなって探していたからいけないんだ。
私は海外TV物が大好き。多分CS放送がないと生きていけない。毎日が番組と共に・・・。
今欠かさずチェックているのがLOSTとダラス…Etc(←これって仏語だった。変換して気がついた!Et cetera)

 ダラスはドロドロのコテコテで、今時のスタイルのドラマではないが、スルメイカのように病み付きになる。最終シーズン、目が離せない。

 LOSTは企画をしたときにミステリー&サスペンス、ロマンス、冒険等、何でもありにしたい意図が当たって欲張りな〜謎の怪物はとても陳腐だから別ね〜引き込まれる作品だ。
舞台は墜落現場、謎の島。先日は生存者の一人ブーンが亡くなった。ストーリーによく出てくる一人なのに…。ちょっとショック!
とても悲しい場面だが泣き声は聞こえない。
同じ頃、妊婦でこの飛行機乗り合わせた女性が出産した。
喜び、祝福の為、人々が集まったシーン。音楽に合わせみんなの表情をカメラが追っていく。リアルな現状よりよりリアルに感情が刺激され思わず涙があふれた。
 この作品、音楽が効果的に使われている。そこも引き付けられる要因の一つ。問い合わせもかなりあるらしい。そんな訳で今日は眠くてアクビばかり。

 


00:52:00 | sunflower | | TrackBacks